スペインタイル ~ゼクシイでの販売開始~記念日タイル

      

~しばらくはこの記事がトップページに来ます。レッスン日程記事は次ページ、
            その他記事はさらにその次のページに更新されています。  
                          記念日タイル
                        ~スペインタイル~

f0149716_1835506.jpg

このblogでも幾度もご紹介しているメモリアルタイル。(記事→
(↑)はお子様のお誕生日をおさめました。

誰もが皆もっている記念日をいつまでも色あせない絵タイルにギュッと納めた作品。
大切な2人の結婚記念日と、両親の結婚記念日を一緒に入れたり、
また、お子様みんなの誕生日を入れたり。
色々に活用できる作品です。

少し前まで忙しくしていたわけ。

この作品を、私の卒業したスペインタイルアート工房の東京校代表Y先生から、結婚情報誌「ゼクシイ」での販売にと声をかけていただいたことから始まりました。
Y先生に教えていただいた体験レッスンで入校を決めた私でした。
この作品が記念日をモチーフとしているアイデア、そしてデザインを気にっていただいたということに嬉しく、色々と、販路に乗せるにあたっての決め事を相談しなががら、教えていただくことも重ねながら、先日の発売日に無事出版されました。f0149716_13301184.jpg
(詳細)
スペインタイルアート工房→☆(思い出の風景を納めた素敵なタイルも掲載されています)

ずっしりと重いゼクシイに心当たりのある方も多いのでは(^^+)
記事の写真こそ小さなもの。
だけど、ここに至る過程が私にとっては宝物となりました。
・・・続きは↓[More]にて。





自分の作品はどうしても主観的になる。
だから客観的な意見を聞きたくて、友人たちにヒアリングさせてもらい、タイルの名前も、その意見の中から、また打ち合わせの中から、カタカナの氾濫する中で、「記念日タイル」とわかりやすく、などと色々なアイデアもいただきました。「アニバーサリー」というのも捨てがたかった一つ。

そして、サンプルを制作するにあたっては、ただの「数字」を入れるだけの制作は、できない性分。
気持ちが入らないとデザインができない。
この作品は、入れる数字によって「柄いき」がどんどん変わる作品なので二つとして同じものは出来上がらない。だから毎回デザインを考える必要がある。
どんな人のどんな記念日なのか、という背景の元に成り立つこのタイルの性質を大切にしたいと考えていましたので、これも友人たちがあたってくれ、たくさんの方に協力いただき、大切な記念日を託していただきました。本当にありがとうございました。(トップの掲載写真を、時々変更してお見せしたいと思います)

この作品を春から、レッスンや、オーダー告知していましたが、自分の頭の中にあったコンセプトをこの形、サイズ、デザインにするまでは1年かかっていたということで、より愛着のある作品。
スペインタイルアート工房様には、制作者としての名前「yumi」のコピーライトを掲載写真につけていただき、私の、この作品への気持ちをご理解いただけたことも大きかったと思います。
たくさんの方に喜ばれる作品になるように願っています。


引き続き、レッスンでの制作、またオーダー(デザインは別途、お知らせします)はお受けしていきます。

[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by viva-spain-yumi | 2011-12-28 13:50 | 「その他作品類・お仕事」 | Comments(0)

<< スペインタイル 個展を開催します プロのフォトグラファーさん >>