人気ブログランキング |

ベトナム旅行です

                         ベトナム旅行へ
f0149716_22382474.jpg

ベトナムコーヒーです。最高においしいです。濃厚な熱々を、たっぷりの氷の入ったグラスに、あまーい練乳と共に注ぎ、冷たくしてギュッといきます。
f0149716_2245536.jpg
急に旅行を決めました。
お互いの休みの調整できる日をかいくぐって。ここ数年、数人の友人も体験済みの国。エステにアオザイのオーダーにネイル、お買い物、と楽しい話を色々と話を聞いていたから一度は行ってみたいと思ってた。ちょうど円高だし♪でもサーチャージが、厳しいときだったけれど。詳しい友人にアドバイスももらいながら企画をしてから、旅行会社選び、予約までが1週間を切ってのスピード決定。
旅行会社には詳しい私(!)今回は偶然ネットで知った所。他の大手会社と比べても見劣りはなく、特典も多い上に、(1日延泊無料だったり★)対応も早ければ、細かいことに電話でも即答してくれる。「市場は何時まで開いてますか?」とか、とっても細かいけれど一日の行程を決めたくて何気に聞いたのに、調べる様子もなく即答だったりと◎「STW」という会社です♪
f0149716_2252528.jpg
一日目・・・・KIXから直行便。現地には当日夕方着。
夜には、幻想的な「水上人形劇」を観覧。今回は南のホーチミン滞在だけれど、これは北のハノイ発祥の伝統芸能。世界的にも珍しいもの。とても面白かった。その後は、ベトナム料理の屋台レストランで、お食事。やっぱり生春巻きに、バインセオ(薄いおこのみ焼のようなの)・・・色々と食べ放題です。
数百台ものバイクが道を往来する中、信号がないので、グイっと思い切って一歩踏み出して渡る道路。
「お願い、ぶつからないで」と祈りながら、迷いなく突き進むのがコツ。まだ慣れない。


2日目
・・・雑貨ツアー
中心地のドンコイ通りのお店をぐるりと。そして、大好きなフォーのお店でのランチ付。
そして、見所・買い物どころのビンタイン市場へ車で連れていってもらいます。
ここでの買い物は、値段交渉、3分の1からスタート・・・面倒くさくって(^^;)買い物ができない。
定価のない、社会主義の国。でも、ねぎらなきゃ、損だし~*
けれどベトナムの文化や食文化のよくわかる一番楽しいところ。まだまだ街にも通貨「ドン」にも慣れてないから嬉しいツアー。 この2つのオプショナル、無料だった、お食事も♪
夜は、街を散策して、とても美味しいお料理をいただけるお店を発見です。お店探し、どの国に行っても悩ましくも楽しい時間ですね。
f0149716_225573.jpg
3日目・・・メコン川クルーズ
朝9時~お昼過ぎまでのツアー。
日本で予約すると、とっても高かったから、モチロン現地予約です。基本です。
そして、ベトナムが熱帯の国というのを体感する、アドベンチャーでした。
ドラゴンフルーツや、椰子の実や、マンゴー、南国フルーツを満喫して、三角の傘のあの帽子をかぶった船頭さんの手漕ぎの船で(笹船のような船)川をユラユラ進んでいきます。そこ天然の蜂蜜もとっても美味しかったから、お土産に。
4日目・・・帰国日です。深夜0時発なので、時間はたっぷり。なのに、ベトナムの洗礼です。。。生水・氷厳禁・生野菜・注意。
気をつけていても、どうしても避けられていなかったのかも。熱と腹痛です。
KIX到着時「ベトナム便の方は、検疫問診票必須」のINFOが。そして、念のため、初の検疫所で、口頭での問診を受けました(^^;)とってもやさしいお医者さんから帰国後の注意の紙をもらって。色々な「菌」の潜伏期間が過ぎ、無事生還です。東南アジアは、機会のある方は若いうちに行くのはおすすめだと思いました。他の先進国とは全く違う、異文化を体感することは、今の日本のスゴさを実感すると共にとっても視野が広がりましたよ。
焼き物好きの私が、ひとつだけ買ったもの。また後日ご報告したいと思います。


             ++++++++++++++++++++++
いつもレッスンをしている 北堀江アートハウス。21日(火)朝10時頃からやっている「よ~いドン」出るそう。
展示会をしていた作家さんの作品がすごくて、私も何度か実物を見ているけれど、スゴイです。
その方が「人間国宝」です。そしていつもお世話になってるオーナーもちょこっと出演。「恥ずかしい~」と言いながら。楽しみ(^^*)
事前に取材申し込みがあったというから、「ぶらり」ではなくて、ちょっとガッカリ。tvってそんなものらしいけれどね。

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by viva-spain-yumi | 2009-04-19 23:41 | 好きな日常のこと | Comments(0)

<< 新作です スペインタイル<蛍池joys ... >>