スペインタイル<表札>制作日記

                         表札制作⑤
f0149716_22401323.jpg

完成しました☆(制作日記④→
ローズマリーの細い葉の「生え際」部分は1mmもない部分の連続を乗り越えました。

今回は、ご夫婦の希望を伺って相談をした上で、文字の色をグレーから、この色・・・(名づけました、チョコレートコスモス色)変更をご提案してみました。表札は遠くから見ても判ることも大切な要素だから、色の配分の調整です。
それでも焼いてみないとわからないところもあって釜から上がってくるまでが緊張の時間。
          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
細かな色の打ち合わせやデザインについての打ち合わせのやりとりって結構難しいもの。
言葉で伝えるにはあまりにも抽象的なことの連続だから。

だけれど、「彼女」の繊細な、そして普段から感受性豊かに、そして思慮深く物事に向き合っているであろうことが、はしばしに感じることのできた大切な時間でもありました。

タイルのカットからすべてが手作り。そんな風合いも楽しんでいただけるご夫婦だからこそ、楽しくのびのびと制作が進んんだ作品。大切な役割を担わせていただき、ありがとうございました。
建設中の新居に、はめ込まれる位置が用意されているこの表札は幸せものです。

納品完了です。
とても素敵なblog記事にしてくれていました。私の中で、これからのパワーとして心の中に・・・。

半分の肩の荷が下りました。さあ、次はキッチンタイルと時計の順番に制作を続行です。

[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by viva-spain-yumi | 2009-02-17 23:36 | 「表札・アトリエ 看板タイル」 | Comments(4)

Commented by 依頼主 at 2009-02-18 09:44 x
 ブログ掲載どうも有難うございます。ずっと眺めていても飽きない、とても大切な作品です。写真の撮り方も素敵で又眺めてしまいました。親ばかというのでしょうか。記事を拝見し、感じた事は私が只好きだという理由で描いたローズマリー、茎の細さ、葉の面積の狭さに製作の過程で大変なご苦労があったという事です。改めて見ると葉の付け根部分まで綺麗に色が乗っていて、今思い返せば、細い箇所は色が乗りにくいと伺っていたのにもかかわらず、このようなデザインにし、無理とは一言もおっしゃらずに快く製作を受けて頂いていた事に、とても感謝しております。我が家の自慢の顔「表札」、家、家族と共に大切にしていきたいと思います。世界に二つとない作品ですものね。
Commented at 2009-02-19 09:21 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by viva-spain-yumi at 2009-02-20 23:32
「依頼主」様・・・丁寧なコメントいただいて感激しています。
デザインを受けてから、お互いによりよい完成となるように、色々と思案しながら制作をしてきた表札がようやく形になり、これで無事バトンタッチが出来たことにうれしく思います。これからは、素敵な新居で、ご一家の象徴になっていくことが私の楽しみになります。雨風にさらされて、逞しくも、また風合いのある表札へなっていくことでしょうね。楽しい制作時間をありがとうございました。

Commented by viva-spain-yumi at 2009-02-20 23:57
鍵コメ様・・・
大変心温まるコメントをいただきまして感涙のところです!
作品に対する愛情とご理解に、また、たくさん力をいただきました。
そして、誇りのあるお仕事にいつも真っ直ぐに向かわれている様子もひしひしと・・・、感じ入るものがあります。。今また大きな「夢」への過程で大変なことの連続だと思いますが、ご成功と、これからのご活躍とを心よりお祈りしておりますm(_)m
お忙しい中コメントを入れてくださり、ありがとうございました。

<< スペインタイル 何になるかな? 空堀~玉造 >>