骨折しましたので

骨折してしから20日経ちました。
右足甲剥離骨折に靭帯損傷
でギプスに松葉杖ライフになりまして
このまま年越し
懐古ダイアリーを
完治前だけど書いてみちゃおう
自分ための長い長いものです。

ちなみに場所は内緒でしたが
最寄駅での下り階段での怪我…
(Yさん、そしてyちゃん
お気をつけくださいませね。
あれ、怖い?てね^ ^)

そう
骨折の経験がないと骨折してるのかが
始めわからないってこと。

気力で少しは歩けるってこと。
動けなくなっているのにその事態が飲み込めず少しすれば歩けるとおもっていたこと

救急車を呼んだほうがいいとのアドバイスに「ちょっと考えてみる」と答えたこと。

「考えてもひどくなるだけ。恥ずかしくないからはやく」と説得もらって
やっとお願いしたこと。
あっという間に車椅子とタンカーに乗せられ御堂筋を行ったこと。

救急車の中で
脱がなきゃいけないってこと

支えてくれる存在に身を全部預ける自分があったこと
色々諦めたこと

救急の人
病院の人看護師さん
技師さん

初見骨折断定

レントゲンが綺麗と言われてなんだか嬉しかったこと
お願い骨折と言わないでと神社ばりに願ったこと。CTで骨折がみえたこと

診察室から名前を呼ばれたけど
立てない…絶望感ですくんだこと
患者さんが慌てて車椅子を借りてくれたこと。

自分に愕然としてやっていく自信がなくなること

薬と財布と松葉杖のセットは無理。
窓口に薬はもう手放そうと潔く置きざりにしていったら患者さんが一緒に運んでくれたこと。

内出血の鬱血が
野生の猿の足みたいなこと。
足指のハイヒールでできたタコには血が流れてないのか白いままで変

松葉杖の練習風景が危なすぎかな
待合患者さんの全部の目が向けられること。

松葉杖で階段
神技やん!と思ったこと
登れてもおりれなかったら…

松葉杖は下まで落とすこと。
を教わったこと。
なら落とそうと決めたこと。
スタントになる前に。

松葉杖に身体を預けて信頼するのに時間がかかること。

あれ…もしかしてベリーダンス出来ないんだと気付いたこと
まじで!?となったこと

翌日すぐ靴の手配に付き添ってくれた知人
同じブランドで左右サイズ違い2足。復活した暁にはお揃いだと笑ってくれたこと。ポックリした靴は趣味じゃないはずなのに感謝
このアドバイスが少しずつの社会復帰を早めてくれたこと。

それは名案!わたしの時もそうするわと
感動する友人によいアドバイスができたと誇らしい気持ちなこと^ ^

靴って
凄い役割を担っていると感じたこと

右足を気にしてると左足が変なとこ向いてる。
気づかないこと

前方を気にせず一つの事をしてる時にもう他のことを並行して、勘で身体を動かす。その思考の癖がなかなか治らず意識を集中させることに苦慮
イチニ、イチニ、と動くと効果的☆
祖母と同じだ

二次事故が怖いこと

道すがら何人にも声をかけられる
杖をつく人、可愛い女子、おじさん
小さい子供
パチンコ警備員の人、お店に入る人…

最寄駅で、大丈夫ですか?と
「大丈夫です^ ^」そして
「この駅で骨折したんですよ」とは言わないでおこうとおもったこと。
どっちが優しいのか迷つていること

あなたも骨折?私は手よ
あんた骨折したん?えらい時期になぁ
あんた昨日も交差点おったなとおもっとってんな、どないしたん
休めって合図なのよ〜
このミカン昨日は8個で¥398やったのに 今日は¥298やで6個になっとうけどな
と。

スーパーのレジの若いバイトの女子が黙って清算後にカゴを運んでいってくれたこと。後日2度と同じことはなかったこと。個人の力の素晴らしさ

運びましょうか?譲りましょうか?には
「大丈夫です」と言ってしまう
復帰したら言わずにやってあげたい

忘年会に行けなくなったと連絡したこと
電話が来て事情を話して、ではまた新年にねと切ったあとにメール
「人数は沢山集まっているけれど
火が消えたような気持ち。這ってでもこられないのか」と長いメールをもらったこと。

這って
新地へ…

往復送迎してくれた知人には
二次会は行かない約束をして車を降りたこと

一つでもできることがあれば自信を取り戻していけること
感謝

足が悪いならデザインをと思うけどだめ。領収書整理するとなぜかはかどること。脳の自由さも足の自由さに制限されるんだな。確定申告準備一足先にリード。

自然治癒力はそうそう風邪位にしか実感できないこと

好きな音楽はノンジャンルな位沢山。
変わらずクラブ系も好き
心にファンキーはあること

「君の名は」こうなってなければとらなかった映画の時間。いい映画だった♪

年賀状を丁寧に書いてみること
友達と長文でメールを丁寧にしてみること

いただた自家製レモンの黄色が鮮やか

丁寧に野菜をカットして大鍋で
コラーゲン鍋を作ってみること

手羽先、手羽中、手羽先
繰り返し

靭帯損傷が大きく内出血が酷かったと知らされたこと
骨折よりも靭帯損傷で歩けないこと

病気でお休みしている生徒さんに
皆と寄せ書きでクリスマスカードを送ったこと

日常に早く戻れるのは手より足のほうですよーと骨折先輩の生徒さんから教わったこと

無理やりでも連れ出してもらえることの有り難さ
芦屋「ジラゾーレ」のディナー行ってみたかったとこだったけどあれ?だったこと
続けてペリ亭でケーキ2個で甘やかせてもらったこと

ANAクラウンのアフタヌーンティーは初めて。やっぱりリッツかなと生意気なこと

冬なのに部屋で
一輪だけ咲いてる薔薇
由美さんと同じでたくましいですねと言ってもらったこと。
私はそうでもないと思うけど今はそれでオッケーなのかとおもったこと

足が駄目なら手だ❤︎と丁寧にネイルして

予定に出れないからキャンセルしようと思った友達との予定も家でのクリスマス会になんて嬉しい。赤裸々話しが面白すぎたこと。
arrow treeの900円級のショートケーキを食す
灯してたキャンドルを解散後消したら寂しかったこと。サンキュー

治療に焦り2度松葉杖になったよと言ってくれた事細かな配慮の友人のアドバイス。
まずいかも…と病院に行ったらガチガチのギプスに戻ったこと。
それでもまだ早く気付けた。ほ、ありがとう。

買い物と病院と郵便ポストの用事を済ますことができずに帰る時の
あーあ。。

友達のあったかハンドメイド。このクリスマス届けてくれたニットバッグとクリスマスツリー、バックの中にはコーヒー豆が!
買いにいけないと諦めたタイミングに。
癒され心にしみていつもありがとう❤︎

そうそう
以前プレゼントしてくれた指なし手袋。ピンクでオーダーお願いしよう
搬送された時寒さの中放り出され唯一のこの手袋をスポッと足先にはめたら生き返った
そうだ、友達の誕生日用にもお願いしよ
^ ^

クリスマスでも
手すりに電飾がくるくる巻きつけるのはあかんよぉー(*_*)となったこと。

クラウド募金のお願いをされたこと
今人の為にできることあるなんて幸せなのかもねと

力の出る仲間の誘いを思いきって断る。
でも決行になる。そんなもの。
やっぱり力になる。
…運んでもらってのことなのが難点

でも会いたかったけど会えない人は
もうすっぱりと諦める

頃合いを見て用事はないかと
大阪〜神戸〜大阪と迎えと送りを何度も往復しては足となってくれる知人にありがとうを言い過ぎそうで
その言葉を半分は飲み込んでいること。
ありがとうございます。
本当

ベリーダンス
上半身でも練習できること

できることとできないことがはっきりしてやりたいことには時間もかかる

そうすると淘汰されたことはフェイスブックとテレビ。
そいうところ変わらないわたし
そんなこんなで仕方なく優先順位が変わることで思考が変わると
いつもと違う動きをする

これがけがの功名なのと思うことがありました。

普段なら乗らない電車に乗ることになって降りたところであんまりに素敵なセンスのお花屋さんがありました。
荷物増やせないのに買ってからしまった(*_*)となり
背負っていたバッグに結びつけてとお願いしたら
「可愛い〜♪」って。

可愛いキャラではないわたしでも
あーそうかぁこれ可愛いんだっ♪

祖母から受け継いだ食器たち
今から両親の来訪に久しぶりに奥から出す。
忙しい日々を反省と懐かしさで。
でも反省かな。
丁寧に洗ってお出迎えです。

朝起きる度に
今日はまた歩けなくなってる…と涙ばかりの日は終わりました

この一年
いろんな形で関わってくれた皆様
本当にありがとうございます。

来年も心にハートのある素敵な
一年となりますように心より願っています。

ps.こんな長いのは
もう2度とないです^ ^
f0149716_20562153.jpg
f0149716_22355399.jpg


f0149716_22355470.jpg


[PR]

インターネット広告の「トランスメディア」提供スキンアイコン by viva-spain-yumi | 2016-12-31 20:54 | Comments(0)

<< 今年も終わりですね (ご連絡)スペインタイルアート... >>